【ニードルフェルト人形作成】

ニードルフェルト人形の作り方を学んできました。

先日刈った羊毛を利用してます↓

前橋市大胡地区にある『ぐりーんフラワー牧場・大胡』にはたくさんの動物がいます。 【ヤギ🐐】 大型オウム【キバタン&#...

せっかく赤城山での羊の飼育が始まるのですから、肉用羊の毛で質が良いとはいえない面はありますが有効活用できたらってことで、「可能性を探る第一弾」といったところでしょうか。

今回は時間も限られていることもあり、基本である雪だるまを作ってみました。単純なものではあるのですが、それでも結構時間がかかるものなのですねぇ…。

ただこれだけは知っておいてほしいのですけれど…

本来捨てるはずの羊毛を有効利用しようという試みなわけですが、「どうせ捨てるものなんだから材料費がタダでできるじゃん」なんてことは思わないでいただきたい。本来捨てるようなものを使えるような状態にするには手間も時間もかかるわけで、その手間・時間に対する対価という考えがなければ、とてもではありませんが使える状態の材料の供給などできません(地域おこし活動全体にも当てはまりますけどね)。

そう考えると普通のやり方では有効利用どころか採算を合わせることも無理なわけで、言ってみれば趣味の話ということになってしまいます。
しかし趣味のために公金を使って講習を受けたというのでは「地域おこし協力隊」ならぬ「税金食潰し隊」になってしまいます。
趣味に終わらせず地域に資する方法を考えると、商売とは別の論理で動いているところでなければ継続していくことは無理でしょう。例えば高齢者や障碍者の方に生きがいだとかリハビリだとかの福祉事業としてやっていただくとか。もちろんそこで作った作品を道の駅等で販売してもらうというのはありでしょうし、それによって赤城山や前橋の魅力発信につながれば言うことなしです。

ということで、刈った毛を洗ってほぐす段階からニードルフェルト人形作成まですべてをやってみたいという方や団体がいらっしゃいましたらご連絡ください。

本日(17日)は前橋市の地域おこし協力隊アドバイザー派遣事業を見学してきました!羊の工房パオさんにお伺いして、羊毛を活用したニードルフェルトを学んできました。アドバイザーの関谷さんはニードルフェルトが日本で広まり始めた10年以上前から取り…

群馬県地域おこし協力隊さんの投稿 2018年8月17日金曜日

前橋お役立ちリンク

前橋周辺の観光・グルメ・イベント情報サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする