9月23日 宮城地区にて、秋の風物詩【粟の献穀抜穂祭(けんこくぬきほさい)】に参加させて頂きました。

隊員の林です!!

9月23日 宮城地区にて、
秋の風物詩【粟の献穀抜穂祭(けんこくぬき
ほさい)】に参加させて頂きました。

今回で68回目となる【粟の献穀抜穂祭】は、
天皇に献穀する粟の収穫を行う伝統的な行事
です。

早男(そうとく)・早乙女(さおとめ)の衣装
を着た子供たちが粟の刈り取りを行います。

刈り取りを行った「粟」は
乾燥→脱穀→修祓(お祓い)を行った後、
10月に新嘗祭(にいなめさい)にて、
皇居へ献穀されます。

会場には前橋市 山本市長も来られており、
多くの記者の方も来場していました。

本日は朝から曇っていましたが、
開会式中に日がさしはじめ、
とても清々しい天気でした。

イベント終了後、実行委員のかたがたと、
粟の収穫のお手伝いをさせて頂きました!(^^)!

#献上 #天皇 #神事 #皇居 #新嘗祭 #前橋 #宮城 #山本市長

前橋お役立ちリンク

前橋周辺の観光・グルメ・イベント情報サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする